大王わさびの紅梅

3月26日
 トレッキングクラブの総会開始前の散策として、大王わさびから万水川堤防をあるいて会場へと計画していました。暖かい日であればと期待していたのですが、あいにくの雪、どうしようかと相談したところ、それでも歩きたいということで計画通りの実施となりました。大王わさびに行ってみると、紅梅が見事に咲いており、雪の降る中の紅梅を撮影しようと、望遠カメラを構えている人が沢山おりました。皆さんよく御存じだと感心しました。私のは大したカメラでありませんので、雪降りの中の紅梅とはいきませんが、ワサビ畑を背景に撮ってみました。
大王の紅梅
スポンサーサイト

田淵行男記念館のヒメリュウキンカ

2月23日
田淵行男記念館の庭には湧水が出ていますので、暖かく、よそよりも早くヒメリュウキンカガ咲きます。既に1月下旬に一株ほど咲き始め、この頃花も増え、NHKのローカル放送でも紹介されました。
水辺のヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカ
暖かかったので、蜜蜂が飛んで来て蜜を吸っていました。
蜜蜂が来ました


蜜蜂に給餌

大寒を過ぎて、幾分かは暖かい日中に、巣箱の箱を開け、取っておいた蜜蜂を餌として与えました。予想より多くの蜂が頑張って生きていました。寒い時期もあと半月ぐらい、頑張って欲しい。
越冬中の蜜蜂(1月31日)

元日トレッキング(光城山)

今年の元日は好天に恵まれたので、光城山にトレッキングに出かけました。
10:30頃に登り始め、少し早い時間でしたが、頂上下の展望台でお昼としました。
光城山での元日のお昼
魔法瓶のお湯でカップ麺を作り、美しい常念の山々を眺めて、満足の昼食です。欲を言えば食後のコーヒーがあれば最高でしたが。
そして頂上にある古峯神社にお参りをして、このお宮の中から眺めると、常念の山々にもお締めが架かっているようでした。
古峯神社中からの常念山脈
そして、樹皮が四角く剥げそうになっている樹木の名前が気になっていたのですが、この説明でシナノキであることを知りました。
シナノキといえば松本大名町の並木に使われていました。大きくなるとこんな木肌になるんだ!
シナノキ

百蔵山トレッキンギ

12月11日(日)トレッキングクラブの例会で大月市の百蔵山に登りました。
担当の当番さんが、12月11日は天気の特異日で雨の天気が多い日ですがと説明がありましたが。
この特異日は外れで、寒かったですがとても良い天気に恵まれました。
猿橋の駅でトイレを済ませ、急勾配の住宅地を登って、下の写真、正面が百蔵山です。
百蔵山へ
そして登山口での富士山。
朝の富士山
頂上では、富士山を見ながらの昼食です。
富士山を見て昼食
そして頂上では説明板と一緒に富士山を撮影できます。
頂上からの富士山
下山ルートとして東コースを選んだのですが、ロープは張ってあるものの、急勾配の沢の中に落葉が吹溜まっている難コースでした。
下山後、猿橋をボランティアの方の説明を聞きながら見学したした。
橋の長さはさほどではありませんが、大変に深い谷の上に架かっています。
猿橋
地質学的にも珍しい所で、富士山の溶岩が流れてきた端で、右岸と左岸では石質が異なるとのこと。
昔作られた水道橋も並んで架かっていて、現在も大量の水が渡っていました。
水道橋






 | ホーム |  次のページ»»